• シナ合板
  • ラワン合板
  • 針葉樹合板

シナ合板

原木
シナノキ
Tiia Japonica
原産
主に日本(長野県の古名でもあり九州から北海道の山地に分布)
特徴
繊維質で特に樹皮は繊維が強くロープ材などに用いられる。表面は白くきめの細かく、仕上げ材として使用され、塗装の下地に最適とされます。
また、柔らかく加工に適しており、木版画材料や、模型に使われています
その他、押入れ内側、雑貨材料などにも使用されています

合板  

 

片面
2類
表面Aグレード
裏面Dグレードの板
接着剤はユリア共宿合タイプで、若干の湿潤環境でも使用可能です。
準両面
2類
表面Aグレード
裏面Bグレードの板
表裏が綺麗な特徴があり両面が見える箱ものや模型、家具等に使用できます。
耐水
1類
表面Aグレード
裏面Dグレードの板
接着剤にメラミン樹脂を使用しており、常に湿潤状態となる環境でも使用可能です。
共芯合板 表裏の他、全ての積層にしなを使った合板です。
中まで軟らかく、加工がしやすいため木型にも使用されます。また切り口が綺麗なストライプを演出してくれるので、家具インテリアにも最適です。
 

Weltoso 表面にクリア塗装が施されている合板です。
また、上塗りが可能な塗装を施しておりますので、お好みに合わせて上塗りが可能となっていますす。
 

シナックス
Weltoso
しなに似た樹種の単板を使用し、シナ合板よりも白いこだわりの合板です。
また表面は艶消しクリアー塗装を施してあり、手垢など汚れ防止対策も万全な合板です。
 

防虫合板 接着剤に防虫剤を混入させ、ヒラタキクイ虫による虫害を防ぐ効果があります。
 

曲げ合板 合板自体の単板構成を変えることにより縦又は横方向何れか、自在に曲げることが可能な合板です。
用途に合わせて曲げ方向を選択してください。
仕上げに合わせて、しな又はラワンをご用意しています。
有孔合板 有孔加工を施した合板
音の反響を抑えるため、体育館・音楽室などの壁にも使用されています
通気を考慮した設計やデザインにも多彩な用途に使用できます。
標準設計は5φ(直径)25㎜間隔で孔が開けられています。

ラワン合板

原木
ラワン(Lauan)
原産
東南アジアの熱帯降雨林の主要樹種
特徴
輸入南洋材のうち最も多く、建築、家具、 器具、車両、船舶その他各方面に広く用いられています。またラワンは軽く、加工・作業性に優れ、建築下地用としても広く使われています。
表面の肌理の荒さから、蟻足の効果により接着部材との相性はよく仕上げの貼物には最適です。またコンパネ(コンクリート型枠用合板)もラワンが主体となります。
尚ラワンは導管が多くヒラタキクイムシの虫害にあいやすい樹種でもあります。
プライ&ウッドではラワン防虫合板の取り扱いもございます

合板  

 

2類 普通合板
接着剤はユリア共宿合タイプで、若干の湿潤環境でも使用可能です。
1類 普通合板
接着剤にメラミン樹脂を主に使用しており、常に湿潤状態となる環境でも使用可能です。耐水性の必要な部位に最適です。
1類 コンクリート型枠用合板
接着剤にメラミン樹脂を主に使用しており、常に湿潤状態となる環境で使用する事を主な目的とした合板です。
1類
特類
構造用合板
接着剤はフェノール樹脂が用いられ、常時湿潤環境で使用する事を目的とした接着程度です。
また、建築基準に関連付けられ外壁の下地では耐力壁として力を発揮します。
Eco合板 ラワン合板の中芯に国内間伐材(主に杉)を用いた環境にやさしい合板です
中芯がラワンの合板に比べると軽く、作業性にも優れ針葉樹を使用することにより虫害にも合い難い性質です。
防虫合板 接着剤に防虫剤を混入させ、ヒラタキクイムシの虫害を防ぎます
また、芯材に針葉樹を用いたダブルの効果が期待できる商品もご用意しています。(ヒラタキバスターW)
型枠用合板 コンクリートの型枠に使用する目的で造られた合板です。
ウレタン塗装 コンクリート型枠用合板に剥離効果を高める目的で、ウレタン塗装を施した型枠用合板です。
カラーはイエローの他、グレーもあります。

針葉樹合板

原木
主にカラマツ、スギ、ヒノキ
Larch
原産
主にロシア(広大な森林 は世界の森林面積の 25%に相当し永久凍土に覆われていている関係上、乱伐を防止している)
現在では主に日本国内
日本国内の森林面積は国土の66%を秘めており天然林50%人工林40%その他10%と多様な森林帯が存在します。また、日本は高度経済成長期の住宅建設ラッシュで多くの木材が植林されました。
特徴
主に構造用合板として製造されています。
広葉樹に比べ節が多く、見た目は劣りますが、現在では持続性可能な資源として合板の主要原料ともなっています。

合板  

 

構造用合板 表面Cグレード
裏面Dグレード
抜け節や節が多い
内装用 構造用合板で抜け節がない合板
(サンダーはかかっていません)

曲げ合板

曲げ合板とは

合板は通常、丸太をかつら向きにしたもの(単板)を、繊維方向を交互にすることにより強度を保つよう製造されています。
そこをあえて単板の繊維方向を同じにすることにより曲がりやすくしたものが、「曲げ合板」です。
成型合板と異なり、自由に曲げることができるため、自在ベニヤとも呼ばれます。
円形のカウンターなどの下地に用いられるほか、スケートボードのランプの下地などに用いられています。
F4S商品です

曲がり目安

※数値は目安です。

●エントツ(3尺、4尺)曲げ

厚さ サイズ

曲げ基準

 
3mm 3尺x 6尺 直径15cm位まで曲がります
4mm 3尺x 6尺 直径17cm位まで曲がります
5mm 3尺x 6尺 直径25cm位まで曲がります
9mm 3尺x 6尺 直径50cm位まで曲がります
12mm CP 3尺x 6尺 直径80cm位まで曲がります
4mm 4尺 x 8尺 直径25cm位まで曲がります
5mm 4尺 x 8尺 直径25cm位まで曲がります
9mm 4尺 x 8尺 直径50cm位まで曲がります
12mm 4尺 x 8尺 直径80cm位まで曲がります

●ドラム(6尺、8尺)曲げ

厚さ サイズ

曲げ基準

 
3mm 6尺 x 3尺 直径15cm位まで曲がります
4mm 6尺 x 3尺 直径17cm位まで曲がります
5mm 6尺 x 3尺 直径25cm位まで曲がります
9mm 6尺 x 3尺 直径50cm位まで曲がります
12mm CP 6尺 x 3尺 直径80cm位まで曲がります
4mm 8尺 x 4尺 直径25cm位まで曲がります
5mm 8尺 x 4尺 直径25cm位まで曲がります
9mm 8尺 x 4尺 直径50cm位まで曲がります
12mm 8尺 x 4尺 直径80cm位まで曲がります