2017年の当社経営ビジョンを掲載しました

 

2017年 代表挨拶
 
市場を取り巻くマクロ環境の変化を重く受け止め、新たな時代のニーズの創造に取り組むことが重要課題とされています。
 
市場の構造的な変曲点を迎え、今後の経済環境や国内人口減からなる市場推移は、予断を許さない状況下でもあります。我々プライは地球環境と経済とのバランスに留意し揺ぎ無い事業を勧めてまいります。
 
また、創業以来こだわり続けてきた、「plywood」という自然の恵みを通じて、豊かな社会循環環境社会づくりに貢献することです。
 
変わりゆく社会環境を先取りしたイノベーション事業に取り組み挑戦し続けてまいります。
 
1907年から始まったplywoodの製造より、110年の歳月が経ち現在に至ります。
 
世界の循環環境モデルとして世界に向けた「おもてなしの空間」を新たな日本の文化の発信とし、引き続き鋭意取り組んでまいります。今後も世界でご活躍のクリエーターとの融合と、やりがいのある仕事として企業風土構築にも邁進してまいります。

 
 

2017年1月吉日

株式会社プライ&ウッド

代表取締役 安藤和彦